なぜ無理なく痩せられるのか?

最初に「置き換えダイエット」の仕組みを頭に入れましょう

このダイエットに限らずですが、どのような仕組みでなぜ効果が出るのか?これを理解していないと、いくらダイエットをしたところで良い結果はでません。ぜひしっかりと痩せるメカニズムを理解して、置き換えダイエットを成功させましょう!

人は日々活動するために食事からエネルギーを摂取することが必要です。大雑把なイメージですが、一日で摂取した(食べた)エネルギーを、その一日のうちに消費できなければその分が脂肪として蓄積されます。

蓄えられた脂肪を減らすためには、運動をして脂肪の消費量を増やすか、食べる量を減らし少しづつ脂肪を削っていくしかありません。

ただし、人が健康的に活動していく為には最低限のエネルギーや栄養素を摂取する必要があります。そのため、いきなり食事を減らしたり、例えば「果物だけ」「コンニャクだけ」しか食べないダイエットをすると、栄養のバランスが崩れ健康に大きな悪影響が及ぶのです。

毎日運動をしつつ、バランスの良い食事ができれば理想的なのですが、なかなか運動が続けられる環境にない人も多いと思います。

運動が続けられない場合は、摂取する食事を適切に制限することが痩せるための最善手となるのです。

置き換えダイエットの効果的な方法

「食事を適切に制限する」と言っても、最初はなかなか分かりにくい部分が大きいと思います。普段食べているお米はどれだけ減らせばいいのか?お肉はどれだけ食べていいのか、野菜は食べたほうがいいのか・・。カロリーの量に加えて、栄養バランスまで考えるとなると素人ではなかなか難しいものがあります。

そこで考えられたのが置き換えダイエットです。シンプルに、昼食や夕食の一食分を指定の食品に置き換えることで、必要最低限なカロリーで十分な栄養素を補給できるのです。1日や2日程度なら栄養バランスもあまり気にすることもないのですが、やはり最低でも1ヶ月は続けたいところです。そうなると絶対に、十分な栄養素の摂取が必要となります。

では、どのようにして一日の食事を「何に」置き換えていけばよいのか?

まずはタイミングについてですが、基本的には夕食が最適です。夕食の後はほとんどの人が家でくつろぎ、あとは寝るだけとなるでしょう。そのため、食べたエネルギーを消費する時間があまりありません。

夕食は一日の疲れをねぎらうためにも、美味しいものをたくさん食べたいものですが、やはり痩せようと思ったら最低限の内容に留めたいものです。その分、朝食やランチに食事の内容やコストを回したほうがダイエットにも効果的です!

さて、夕食を最低限の内容にするといってもどうすれば良いかという問題になります。

きちんと必要最低限の栄養バランスを考えて、毎日必要な量だけ調理したり、またはお惣菜などを買ってもいいのですが、これはちょっと考えただけでも結構面倒に感じます。

面倒な要素が少しでもあると、人はなかなか継続させることが難しくなり、結果が出る前に途中で止めてしまいがちです。

このような経験はありませんか?思うように結果が出ない上に、自発的に取り組む気持ちが起きないと「何でこんなことを続けているのだろう」と、むなしい気持ちになったことが..

ダイエットに限らずですが、できるだけ取り組む姿勢を邪魔すること無く、そして少しづつでも結果が実感できることが継続するには非常に重要となります(^O^)/

バランスの良い食品に置き換える

そしてここで登場するのが、目にした方も多いと思いますが大手が頻繁に宣伝している飲むだけで痩せるという健康食品です。例えば「DHCのプロティンダイエット」や、通販でもお馴染みの「マイクロダイエット」「ヒルズダイエット」がそうです。

※飲むだけで痩せると宣伝されていますが、単純にこれらを飲んだだけで痩せられるわけではありません(*_*)

では、有名ドコロだけでも何種類もある中で、何を基準に選べば良いかということになります。

選ぶポイントは大きく3つです。

CHECK1一食あたりの価格

大きな成果が出るまで最低でも1~2ヶ月、継続させるためにさらに買い続けるかもしれません。そうなると一食当たりのコストは可能な限り抑えたいものです。

CHECK2味や風味の好み

慣れてしまえば結構なんでも苦にならないものですが、食事としては味気ないのも事実です。できれば自分の味の好みに近く、食べて美味しいと思えるものが理想的です。

CHECK3栄養バランス

一食分を置き換えるので、やはり栄養が偏っていてはいけません。とは言え、置き換えに使われる食品は専門に作られているだけあって、どれもバランスが取れてカロリーも必要最低限になっています。それぞれの特長から自分の体調に合ったものを選ぶようにしましょう。

...

実はわたし、あまり知識がない頃に手当たり次第にこの健康食品を試した過去があります(^^ゞ

そのかいもあって、今は理想のものを使い続けていますが、これはなかなか実際に試してみないと巡り会えないかもしれません。この経験が少しでもお役に立てればと思い、お勧めできるものを3つピックアップしてまとめてみましたので、比較検討の一助になれば幸いです。

ちなみに今は体重や普段の食生活と相談しながら、週に何回かだけ置き換えるようにしています。。

永く利用できる理由がありますおすすめNo.1

ヘルシーバンクの「ダイエットシェイク」

一食あたりの価格販売価格
457円6,400円(14食分)
味や風味栄養バランス
バナナやココア味など7種類の風味があります。人工甘味料や乳化剤などの添加物を使用していないのに、シッカリとした味わい。甘すぎず飲み続けても飽きがきません。1食165kcalながら、食物繊維やビタミン11種・ミネラル3種が豊富に含まれています。どの栄養素も、成人女性の必要栄養素1日分の充足率100%を超えています!
利用してみてのコメント

何と言っても販売会社自体の商品へのこだわりが素晴らしいです。単純なカローオフを狙った食品ではないので、一食分を置きかえ続けても健康に悪影響があることがありません。また、サポート自体も充実しています。健康管理士への無料相談があり、ダイエットを始めた当初は用法が正しいか不安だったのですが、すぐに明快な回答をしてくれました。その後も細かい相談にも親切に応じてくれて、本当にありがたかったです。今でも利用し続けています。最も売れているだけあります。。

公式サイトへ


酵素系ならこちらがお勧めですおすすめNo.2

ベジーデル酵素粒・酵素液

一食あたりの価格販売価格
371円11,520円(1ヶ月分)
味や風味栄養バランス
酵素の培養に沖縄産の黒糖を使用しているので、とても甘みがあります。酵素液1日分で、野菜1,020g分の各種栄養素を補えます。
利用してみてのコメント

酵素液は本来は2~3日程度断食する、プチ断食によく利用されています。つまり1食分よりも長い時間、3食全ての置き換えに利用できるだけの栄養成分を含んでいるのです。1日に必要な最低限の栄養素を、こちらの酵素液で効率良く補うことができます。酵素液自体はとても甘みが強いので、冷たい水で薄めて飲んでいました。最終的には、飲みやすくなった酵素粒との併用で1ヶ月で2kgまで落ちました。酵素液は健康面でもかなり良いらしいのですが、私の実感としては多少肌ツヤが良くなったのと、お通じが良くなったくらいです(^^ゞ

公式サイトへ


酵素液の中ではかなり飲みやすいですおすすめNo.3

美的90選ベジライフ酵素液

一食あたりの価格販売価格
384円9,600円(1,000ml 約25食分)
味や風味栄養バランス
こちらも甘みがありますが、酵素液の中では一番自分好みで飲みやすかったです。もちろん水や炭酸で薄めてもOKです。野菜・果物を中心に90種類(ヨモギ、ウコン、ドクダミ、キダチアロエ、高麗人参、ナンテンの葉..)の原料を使用しています。
利用してみてのコメント

1回あたり15kcalもない低カロリーです。それでいて、なぜか腹持ちは良かったので、それほど空腹感を感じませんでした。夕食を置き換えると、どうしても夜が長いのでお腹が空いてしまいますが、こちらはそれほど苦労しませんでした。一度相談したところ、どうしても空腹が耐えられない時は、もう一回飲んでも良いとのことでした。

公式サイトへ

© 置き換えダイエット.com 正しい方法と効果の秘訣! | 運営者情報など